*

図鑑No.46 川内

公開日: : 最終更新日:2013/12/23 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.46 川内

「川内」は5500トン型軽巡洋艦の最終型(3番目)川内型軽巡洋艦の1番艦でネームシップ。

川内川にちなんで名づけられた。

進水:1923年

全長:162,15m

全幅:14,2m

速力:35,3ノット

CV:佐倉綾音

 

台詞等から見る史実

5500トン型軽巡の最終型、当時の最新鋭軽巡の川内型

彼女より後に生まれた軽巡は、重巡になった最上型と利根型を除くと大戦中に竣工した阿賀野型と大淀しかいない。

八八艦隊計画により元々は8姉妹になる予定だったのだが、途中でワシントン軍縮条約の締結により3姉妹となった。

 

名前は「せんだい」と読む。かわうちではないので注意。実際「瑞鶴」は時報ボイスで間違えていたりする。

川内川は九州3県(熊本・宮崎・鹿児島)に渡って流れている川であり、河口にある薩摩川内市に九州電力川内原子力発電所があるため、九州に住んでいると最近耳にすることも多い地名だったり。

 

 

艦これで「夜戦バカ」といえば、この「川内」を指す。

これはプレイヤーが言っているだけではなく他の艦娘もちょこちょこ話題にしているので公式設定。

川内のこと(夜戦うんぬん)を話題に出す艦娘は現在(2013.11.26)では、夕張(22時)・鬼怒(23時)・翔鶴(20時)・瑞鶴(20時)・初風(22時)・長波(20時)・熊野(夜戦突入時)・阿武隈(夜戦突入時)の8人とたくさんいる。

また名前を出しはしないが時雨改二も20時の時報で「そろそろ夜戦の時間か…。騒がしくなるね。」と言ってたりする。

 

 

夜戦大好き設定は史実に基づいたもので、参加した海戦のほとんどが夜戦だったから。

当然ながら昼もしっかり働いていたので誤解のないよう!マレー沖海戦では綾波らと共に昼のうちに敵潜水艦を撃沈している。

また、これだけ夜戦夜戦騒いでいるが、別に夜戦での性能が上がったりということはないので注意。

正直上がるものだと思って期待していた提督は私だけではないはず。

妹の「神通」などもそうだが、軽巡の多くは夜戦での活躍が多いので川内だけ能力が上がるということがないのは仕方のないことだが。

 

夜戦で有名な海戦である第三次ソロモン海戦にも当然参加。

第2夜戦では味方本隊(霧島愛宕高雄など)が彼女の水雷戦隊を敵艦隊と誤認して射撃寸前であったり、米戦艦「ワシントン」からの主砲砲撃を受けたりと危ない場面も幾度とあったが無事生還した。

 

最後となったのはブーゲンビル島沖海戦

先頭を進んでいた彼女は魚雷発射のために回頭したところを集中砲火を受けて機関停止。

妙高との衝突で大破状態となっていた初風と共に敵艦隊からの攻撃を一身に受ける形となった。

彼女らの奮闘の甲斐もあり、残った艦隊(妙高や羽黒など)は無事戦線を離脱し、ラバウルへ撤退出来たが、それを見届けた後、彼女は沈んだ。

また、この時乗員は退艦したが艦長は川内と運命を共にしている。

 

 

余談だが提督の夜戦における需要は愛宕や金剛加賀などに比べると低めだったり・・・。

pixivやニコニコ静画の枚数などが少ないため供給量の問題だ、そういうことにしとこう。

供給量が少ないということは・・・ムニャムニャ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑