*

「艦これ」がヒットした理由や戦略 ―TGS FORUM 2014より

公開日: : オススメ

東京ゲームショウ 2014と同時開催されたゲームビジネス関連フォーラム「TGS FORUM 2014」。

「ゲームビジネスセッション」では、「艦これ」もヒットした理由や戦略について講演された。

講演したのは、DMM.com 社長室 新規事業開発 POWERCHORD STUDIO 室長の岡宮道生氏。

「自分たちが好きなゲームを作ろう」

と目指した結果が今の艦これ(ヒットした理由)だと話した。

「自分たちが好きなゲームを作ろう」

■キャラ作りなどで成功した「艦隊これ」

 現在大ヒット中のブラウザーゲーム「艦隊これくしょん」がヒットした理由について講演したのは、DMM.com 社長室 新規事業開発 POWERCHORD STUDIO 室長の岡宮道生氏。「自分たちが好きなゲームを作ろう」と戦略シミュレーションゲーム作りを目指した岡宮氏は、より多くの人が入り込める“柔らかさ”を取り入れる上で、“艦船の擬人化”というスタイルを採用した。

 “美少女系”を取り入れつつ、一般のゲームファンやミリタリーファンをも引き込めるように華やかさを押さえたビジュアルを採用。作る側とユーザーが世界観を共有して、ユーザーが作り手として参加できるような“すき間”のあるキャラクター作りや、あえてユーザー動向の数値を見ない「脱・KPI」なども成功した要因だったという。

全文を読む→http://www.nikkei.com/article/DGXMZO77378030S4A920C1000000/

※KPIとは
目標の達成度合いを計る定量的な指標。
目標に向かって日々業務を進めていくにあたり、「何を持って進捗とするのか」を定義するために設定される尺度。

Key Performance Indicatorの略称で、日本語にするなら「重要業績評価指標」。

 

“すき間あるキャラ作り”は、かなり成功しているというか、プレイしていて実感しますね。

艦娘の台詞以外でもユーザー間でのキャラ付けだったり、二次創作だったり活発ですし。

今後もアニメ化やPSvitaも控えてますし、コケないように頑張ってほしいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑