*

図鑑No.58 羽黒

公開日: : 最終更新日:2014/01/04 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.58 羽黒

「羽黒」は妙高型重巡洋艦の4番艦。

艦名は山形にある羽黒山に因んで付けられた。

進水:1928年

全長:203,76m

全幅:19,0m

速力:35,6ノット

CV:種田梨沙

 

台詞等から見る史実

「ごめんなさい」が口癖の気弱な艦娘だが、紹介にもある通り数々の海戦に参加した猛者である。

スラバヤ沖海戦、珊瑚海海戦、ミッドウェー海戦、第二次ソロモン海戦、マリアナ海戦などに参加。

 

スラバヤ沖海戦では、英重巡洋艦「エクセター」に直撃弾を与えるなどの活躍をした。

その後は南方方面での激戦に参加しており、レイテ沖最後のサマール沖海戦では金剛とともに米空母「ガンビア・ベイ」を撃沈する戦果を挙げる。

 

このレイテ沖の前には、ブーゲンビル島沖海戦で魚雷を受けるが不発だったり、ガビエン空襲ではスコールにより逃げ切ることに成功したり、パラオ空襲では直前に出航して難を逃れたり、と幸運な艦だったりする。(しかし艦これでの運は10。なぜだ。)

 

 

レイテ沖海戦の後はシンガポールに置き去りで、修理なども行われずにいた。(終戦の時も近く完全に物資不足)

そこに1945年5月、陸軍からの要請で駆逐艦「神風」と共にアンダマン諸島への輸送任務の命が下る。

任務従事中、イギリス海軍の駆逐艦5隻に捕捉され、まともな修理なども行われていない状態で戦闘に突入。

特に機関部を損傷していたため速力が出せず、「羽黒」は囮となって、同行していた「神風」を離脱させることを決める。

そんな状態にも関わらず、敵の最新鋭駆逐艦相手に1隻を大破に追い込むが、最後は魚雷3本が命中し艦首部分から轟沈した。

この戦闘は後にペナン沖海戦と呼ばれ、第二次世界大戦で最後の水上戦闘となった。

 

彼女の台詞に「あの子を先に」とか「他の子を」といった台詞が多いのは単に気弱キャラだからというだけではなく、自ら囮となったペナン沖海戦での史実も反映していると思う。

また、轟沈の台詞「あの娘達、ちゃんと逃げ切れたかな・・・ああ、もう何も・・・何も見えない・・・・・・」というのもこの戦いでのことを元ネタにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑