*

図鑑No.44 名取

公開日: : 最終更新日:2013/12/23 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.44 名取

「名取」は長良型軽巡洋艦の3番艦。

宮城県の名取川から名づけられた。

進水:1922年

全長:162,15m

全幅:14,17m

速力:36ノット

CV:井口裕香

 

台詞等から見る史実

5500トン型軽巡洋艦の長良型の一艦として、1922年に三菱造船長崎造船所(現:三菱重工長崎造船所)で完成。

完成時には、高速軽巡洋艦として、水雷戦隊の旗艦に適した優秀な艦だった。

彼女が自己紹介で弱気というか「ぜひ配属してくださいね」と言っているのは、第ニ水雷戦隊を離れてからは予備艦となっていたせい。

 

 

仏印進駐作戦、マレー上陸作戦、ジャワ島攻略作戦などに参加。

バタビア沖海戦では米重巡「ヒューストン」の撃沈に貢献した。

その後は主に輸送作戦等に従事する。

最後は1944年に比島からパラオへの輸送作戦中に米潜水艦「ハードヘッド」(SS-365)の雷撃を受けて沈没した。

 

「名取」が撃沈された際に、生き延びたある士官が13日間300海里を短艇で漕ぎ続け生還した。

この士官は五十鈴足柄にも乗り込むが撃沈され漂流、しかし鮫の出る海域を泳ぎ切って生還。

戦後は警察幹部や会社社長にまでなったという逸話も残っている。彼女達の運は彼に吸い取られたのではなかろうか・・・。

 

 

艦これでの名取は火力・雷装が高く、攻撃面に置いて秀でている。

他にも長良・球磨川内など軽巡の中では能力が突出している艦がいくらか存在するが、名取もその1艦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 49 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑