*

図鑑No.42 長良

公開日: : 最終更新日:2013/12/23 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.42 長良

長良型軽巡洋艦の1番艦にしてネームシップ。

長良川より名前がとられる。

進水:1921年

全長:162,15m

全幅:14,17m

速力:36ノット

CV:井口裕香

 

台詞等から見る史実

球磨型、川内型とこの長良型をあわせて5500トン級軽巡洋艦と呼ばれる。

球磨型とはほぼ同じ設計だが魚雷が強化されている。

自己紹介の通り、その快速と魚雷を生かして水雷戦隊旗艦として活躍した。

 

 

フィリピン侵攻戦をはじめ、ミッドウェーやソロモンなど多くの主要海戦に参加。

 

フィリピン侵攻戦では第4急襲部隊旗艦としてフィリピン侵攻の支援を行った。

ミッドウェー海戦では赤城が被弾した後、南雲中将以下の第1航空戦隊司令部が移譲、旗艦となった。

ソロモン海域では第二次ソロモン海戦に参加。「綾波」が損傷させた駆逐艦ブレストンにとどめをさし、撃沈する戦果を挙げた。

このように最前線を駆け回り、後の新型軽巡阿賀野型」にバトンタッチするまで活躍を続けた。

 

1944年に鹿児島を出港して佐世保に向かう途中、天草諸島の西で米潜水艦「クローカー」(SS-246)に発見され雷撃を受けて沈没している。

 

 

艦これでの彼女は軽巡洋艦の中ではトップクラスの高性能を誇る。

具体的には、他の長良型よりも火力・雷装・装甲の最大値が10高く、耐久も1高い

五十鈴改二が対空・対潜特化なら、長良は砲撃・雷撃重視の水雷戦タイプといった感じである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑