*

図鑑No.29 龍田

公開日: : 最終更新日:2013/12/19 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.29 龍田

「龍田」は天龍型の2番艦。

名前の由来は川の竜田川から。

進水:1918年

全長:142,65m

全幅:12,34m

速力:33ノット

CV:井口裕香

 

台詞等から見る史実

天龍」よりも竣工が早く、実質「龍田」の方がお姉さんだったりする。

このような容姿であるものの、その建造時期は艦娘の中ではかなり古く、金剛型、扶桑型、伊勢型の次に年長者。

 

天龍と同様、当時は世界水準を超えていたものの、太平洋戦争においては旧式となってしまったため活躍の機会はほとんどなかった。

1923年の関東大震災では当時はまだ高速だったその速力を活かして、呉から救援物資を東京に運んでいる。

ちなみにヤンデレとも言われるほどに天龍のことを気にかけているが、史実においては共に戦ったのはウェーク島攻略戦くらい。天龍の参加した第一次ソロモン海戦などは龍田は参加していない。

 

 

自己紹介にある通り、潜水艦が鬼門。

1920年には演習中に「第43潜水艦」と衝突事故を起こしてしまい、この事故で「第43潜水艦」は沈没。乗員45名全員が死亡している。

また、彼女の最後も潜水艦によるもの。

1944年サイパン島への輸送作戦の護衛部隊旗艦として参加するが、八丈島沖で米潜水艦「サンドランス」(SS-381)の雷撃によって沈没している。

家具の「てるてる坊主の窓」のてるてる坊主は公式4コマでも言及されているように龍田作。

これはどちらの場合も悪天候が災いしていることからきている。

ちなみに公式4コマでは彼女が「潜水艦」と書かれたてるてる坊主をひきちぎりながら「よろしくお願いしますねぇ~」と恐怖の挨拶をする龍田が見れる。

 

 

余談だが、「龍田揚げ」という料理。

この艦の厨房長がから揚げを作ろうとしたときに小麦粉がなかったため、代用で片栗粉を使用した。

これが好評であったため、この料理が誕生。「龍田揚げ」という名前になった。

という説がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑