*

図鑑No.3 伊勢

公開日: : 最終更新日:2013/12/16 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.3 伊勢

伊勢型戦艦の1番艦。名前の由来は伊勢神宮でも名高い三重県の旧国名伊勢国。

現在では海上自衛隊の護衛艦「いせ」に引き継がれる。

進水:1915年

全長:219,62m

全幅:33,83m

速力:25,31ノット

CV:大坪由佳

 

台詞等から見る史実

元々は扶桑型戦艦の3番艦として建造される予定だったが、扶桑型が色々とアレだったので再設計されて伊勢型一番艦として建造された。

扶桑型の問題点を改正したことで、世界水準の性能にようやく達したといわれる艦。扶桑さんの失敗は無駄じゃなかった!

 

伊勢に関して有名なのは航空戦艦への改装。艦これでもLv10という低さで航空戦艦への改造が可能。

ミッドウェー海戦で主力空母4隻を一気に失ったため空母の補填が必要となったのが改装の理由。

ちなみにこの改装の資材は、建造が中止になった大和型4番艦のものが流用された。

 

こうして航空戦艦となった伊勢だが、資材不足により肝心の艦載機の配備が遅延したため艦載機を運用することなく終わる。

無用なものとなってしまった格納庫だったが、なんと別のところで活躍。

それが資源の輸送任務。有名なのは艦これの遠征にもある「北号作戦」。

連合軍の通商破壊で資源が枯渇していた日本は、南シナ海(このとき連合軍の制海)を強行突破して資源を輸送する「北号作戦」を決行。伊勢もこれに参加する。

伊勢は奇跡的にも無傷で呉に帰還し資源を持ち帰ることに成功。格納庫が輝いた瞬間である。

 

その後は燃料不足から呉鎮守府の浮き砲台に指定され、米軍の呉軍港空襲により大破着底、終戦後に解体処分となった。

 

現在では、海上自衛隊の護衛艦にその名が引き継がれており、その護衛艦というのがヘリコプターの集中運用を目的にした護衛艦。

数十年先の未来で「伊勢」の念願が叶う形となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 74 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑