*

図鑑No.141 五十鈴改二

公開日: : 最終更新日:2014/01/14 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.141 五十鈴改二

史実に関しては改造前の五十鈴の図鑑で詳しく。

 

2013年9月25日のアップデートで実装された軽巡初の改二。

十二鈴と呼ばれることも減り、文字通り「五十」鈴となった。

改造時には、22号・21号電探、3式爆雷を持ってくる。この兵装からも分かるように対空・対潜に特化したステータスとなる。対潜は全艦中最大の94。対空も軽巡とは思えぬ84という破格の数値。

代わりに射程が短くはなるものの、対潜特化の彼女にとっては特に問題ない。敵編成に潜水艦以外がいる場合は、先にそちらの攻撃をしてくれる艦の順序が早いほうが良いため。

 

1944年の大改装が反映された結果がこのステータス。

この改装では防空巡洋艦として改装したテストケースだった。14cm主砲7門を下ろし、12,7cm高角砲と25mm機銃満載にした改装で、射程が短くなるのはこれが理由。

対潜装備については新設の対潜部隊(第31戦隊)に所属させるために装備されたもの。本来は長良がその任に予定されていたのだが、先に沈没してしまったため五十鈴が代わりとなった。

 

また、改二になり胸も大きくなった。他の多くの改二にも言えることだが、改二になると胸が驚異的に育つ模様。理由はイマイチ不明。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑