*

図鑑No.075 ドラム缶(輸送用)

公開日: : 装備図鑑

図鑑No.075 ドラム缶(輸送用)

2014年2月26日アップデートで探照灯とともに実装された新装備。「鼠輸送」系の一部の遠征や出撃において効果を発揮する。

装備出来る艦種は少し注意が必要で、軽巡には積めるが雷巡には積めない。航巡には積めるが重巡には積めない。

雷巡は魚雷満載でスペースがなく、航巡は甲板がスペースになっているのだろうか?

増減するステータスはなし。開発可能でALL10(駆逐艦を旗艦)でも出る。また、任務「輸送用ドラム缶の準備」と「資源の再利用」でも入手可能。→新遠征「北方鼠」「東京急行」は高効率!必要編成や成功条件(ドラム缶の入手法)など!

 

現状「出撃」では5-4でのみ効果あり。ルートの固定や拾える燃料に関係する。

5-4のドラム缶でのルートはマップ攻略の記事を参照。
5-4(東京急行)周回!ルート固定と編成例について

 

遠征では「北方鼠輸送作戦」「東京急行」に必要となる。判定が特殊なようで、キラキラなしでの大成功が報告されており、積んだドラム缶の数で大成功の確率が上がる模様(検証中)

ちなみに南西諸島海域の「鼠輸送任務」には、ドラム缶の効果がない模様。遠征を出す際に間違えないように。

 

 

日本海軍が大戦中期から駆逐艦を用いて実施した「鼠輸送」にて用いられたのが元ネタ。

鼠輸送は、制海権を奪われ低速な輸送船での輸送が困難になった帝国海軍による苦肉の策である。

本来なら、輸送任務には輸送船を使うのだが輸送船は足が遅く、空と海を押さえられた状況で敵の目をかいくぐるには、夜間に島に辿り着いて夜明け前には逃げ帰らねばならず、鈍足の輸送船にはこれが困難だった。

そこで、輸送船の3倍以上の速度が出せる駆逐艦に荷物を積載する方法が発案された。もちろん想定の範囲外の用途であり、輸送効率は著しく劣る。

高速の駆逐艦が「夜になるとすばしこく走り回る」から「鼠」輸送なのである。

ちなみに駆逐艦が一列になって航行する様子を見た連合軍によって付けられた鼠輸送の通称が「東京急行[Tokyo Express]」。某私鉄とか某国の偵察飛行とは関係ない。

 

 

本来は輸送船で運ぶときは(埠頭や橋頭堡が無い場合は)島に近づいたら小型の上陸艇で物資を浜まで輸送するなどしていたのだが、その余裕さえないので使ったのがこのドラム缶である。

ドラム缶と言えば中身は普通ガソリンや灯油などの液体を想像するが、鼠輸送では防水包装された食糧品や弾薬・医薬品などを入れていた。中を苛性ソーダで洗浄し、半分だけ物資を入れた。(満杯に入れると沈んでしまうため)

そしてそのドラム缶を陸揚するのだが、駆逐艦は輸送船のように荷物の積み降ろしのための装備があるわけないので、陸揚に手間がかかる。また、陸揚中に敵襲を受けたら即応できない可能性も高かった。

そこで物資を入れたドラム缶をロープで数珠つなぎにし、目的地付近になったらドラム缶を海に放り込みロープの端を浜まで内火艇で持っていき陸軍現地部隊が地引網よろしく、数珠繋ぎになって浮いているドラム缶を陸上からロープを引っ張って岸に手繰り寄せ引揚げる。

揚陸のために停船する時間も少なく埠頭も要らない、水雷戦隊もすぐにとって返せば夜明けまでには空襲圏外にでれるのではないか?という発想である。潮流でドラム缶が迷子になったりすることもあったのだけど…。

 

最初にドラム缶が用いられた輸送作戦では、警戒隊の長波、高波の2隻を除く駆逐艦(実装されている内陽炎黒潮涼風もこれに参加)が200-240個を積み込み、輸送した。

駆逐艦の最大の武器である魚雷を、発射管の中に装填してある分だけ残しストックを降ろしてまでドラム缶の搭載数を稼いだのである。

ところが待ち受けていた米艦隊との戦闘になり、輸送隊は発射管旋回の邪魔になるドラム缶を投棄してしまい投入できず。

ちなみにこれが、長波らが奮戦したルンガ沖夜戦。この史実を反映して長波はドラム缶を意識した台詞が目立つ。

長波「さぁ!ドラム缶は捨てて、戦闘態勢!

 

失敗にめげずにすぐさま次の作戦を敢行して、今度は2000個近いドラム缶を投入することに成功、内火艇でロープの端をガダルカナルの陸兵に渡す事にも成功し後は引揚げるだけだった・・・が。

飢えと病気で体力が落ちている陸軍には200個(単純計算で1個100kgとして20トン)もつながったドラム缶を引き揚げる事ができなかった。翌朝陽が昇って米軍がドラム缶を見つけ片っ端から機銃掃射で沈めてしまったため回収できたのは投入した数の1割程度だった。

それでもそれでもめげずに3回目も決行・・・。(本当に他に方法がなかったのがうかがえる…。)

先の反省を活かして今度は半分の100個ずつ数珠繋ぎにして軽くした。

ところが空襲を受けたり、日本軍が何をやってるか察知した米軍が魚雷艇を配備し始め、危なくて近づくことも出来ないため投入できずに終わる。

痺れを切らした陸軍から強烈な申し入れが行われ、山本長官から直々に激励文が送られた4回目は投入に成功。

ところが投入する時に停船した隙を魚雷艇に狙われ、よりにもよって旗艦の最新鋭駆逐艦「照月(未実装)」が魚雷2本を食らって沈没する始末。しかも折角工夫したドラム缶も夜明けまでに引揚げきれずまたもや回収率1割程度の結果となった。

 

 

元々1回の輸送で守備隊2万人の食糧を2週間分しか輸送できず、実際の回収量はさらに少なく、毎回のように駆逐艦が大破したり沈没したりしていたため、コレで打ち切りとなった。

長波もよく口にする田中少将は、ルンガ沖夜戦で米重巡1隻撃沈3隻大破、損失は駆逐艦高波のみという圧勝を得るも、第三次ソロモン海戦での輸送船団壊滅や、ルンガ沖夜戦後の輸送作戦での照月喪失、度重なる物資輸送の失敗により更迭される。

そしてガダルカナルの維持が不可能と判断され、島を放棄して将兵を撤退させる作戦、ケ号作戦へとつながった。…のだが、それまでにガ島の将兵はすでに2/3が死亡していたという…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑