*

図鑑No.104 千歳航

公開日: : 最終更新日:2014/01/14 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.104 千歳航

史実については千歳の図鑑参照。

 

軽空母になった千歳。

水上機母艦→改(Lv10)→甲標的母艦(Lv12)→軽空母(航)(Lv15)→航改(Lv35)→航改二(Lv50)

の3回目の改造。

ミッドウェーでの空母の損失補填として、妹の千代田と共に空母へと改装された。

見た目がそっくりだったので識別のために飛行甲板後端に「ちと」「ちよ」の文字が書かれていたとか。

イラストにも小さく書かれている。

 

また、艦影は瑞鳳とよく似ていた模様。フルフラットのボディだったようなのだが・・・

イラストでは軽空母の瑞鳳や龍驤のそれとは違い、でかい

水上機母艦としてのちとちよも元々が潜水母艦だった祥鳳も過去に補給用タンクを持っていたから、などという考察も一説にはあるらしい。

 

余談だが、ちとちよ姉妹の甲板を模したカラクリ箱から操り人形な航空機を出すようなデザイン、これは担当絵師によると龍驤の没案のリサイクルであるとの事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑