*

図鑑No.49 千歳

公開日: : 最終更新日:2013/12/23 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.49 千歳

当初は水上機母艦として建造される。後に空母へと改装された。

進水:1936年

全長:192,5m

全幅:20,8m

速力:29,0ノット

CV:宮川若菜

 

台詞等から見る史実

千歳型航空母艦は当初はロンドン軍縮条約によって空母保有数が制限されたため、後々に空母に改装することを念頭に置き、設計・建造段階では「水上機母艦」兼「高速給油艦」として造られた。

彼女が提督にお酒(燃料)を勧めたりするのはこのことが由来している。

 

最初の状態が給油艦としての機能を備えた水上機母艦、その後の改装は高速化と甲標的運用を付加した戦闘用といった予定だったが、建造途中で条約失効のが完成よりも先に来ることを見越して、最初から後者の状態で進水することとなる。

その後のミッドウェー海戦での南雲機動部隊の壊滅により空母不足となったため、「千代田」と共に空母となる改装を受けた。

 

 

空母への改装着手がミッドウェー海戦後と遅い時期であったため、空母としての登場時期は遅くなってしまったが、その後のマリアナ沖海戦やレイテ沖海戦に参加した。

レイテ沖海戦では、千代田と共に米空母艦載機の猛攻を受けてエンガノ岬沖に戦没した。

 

 

余談だが、彼女の攻撃時の台詞などで自慢している「新開発の二座水上偵察機」瑞雲のこと。

ただし、彼女は瑞雲を持っていない。史実でも瑞雲を運用した実績もなかったりする。

 

また、水上機母艦という艦種が千歳と千代田しかいないにも関わらず、過去のイベントでのルート固定や遠征などで要求されるものもあるので母港枠に余裕があれば1隻ずつ所持しておくのもいいかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 71 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑