*

図鑑No.121 千歳改二

公開日: : 最終更新日:2014/01/14 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.121 千歳改二

史実に関しては千歳の図鑑で詳しく。

 

2013年7月24日のアップデートで千代田改二と共に実装。ちとちよの最終形態である。

能力上限はもはや軽空母の枠と飛び越えて二航戦に勝るとも劣らない。

ハイパーズほどではないにせよそのコストパフォーマンスはかなり高い。

 

実際の艦ではかなり小型な部類で、そんな彼女がどうやって59機も運用しているのかは永遠の謎。

飛鷹型の66機に比べるとこの点では劣る。だが、それ以外の点では全て凌駕しており、特に回避が低く低速な飛鷹型と比べると明らかに被弾率が低い点はかなり大きい。

また搭載数に関しても、単純な搭載数では負けているものの、このゲームでの仕様上、平均的なスロットよりもどこかが突出したようなスロット形態のほうが使い勝手がよく、艦載機運用に関しても一概に負けているとも言いがたい。

 

イラストに関しても一新。特に中破イラストでは隠し持ったでっかいものが見れる。

立ち絵もちょっと険しかった表情から優しい笑顔に変わり、普段の台詞などに非常にマッチする。

が、この迷彩柄は彼女の最後となったレイテでの囮のための服であることを考えると、この笑顔も悟ったようなものに見えて、悲しい笑顔であるようにも見える。

レイテでの囮としての任務については瑞鶴瑞鳳の図鑑も参照にしてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑