*

図鑑No.155 伊401

公開日: : 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.155 伊401

進水:1944年

全長:122m

全幅:12m

速力:(水上)18,7ノット (水中)6,5ノット

CV:伊瀬茉莉也(?)

 

台詞等から見る史実

2013/12/24のメンテナンスにて実装。TVアニメ「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」コラボレーションイベント「迎撃!霧の艦隊」突破報酬として先行配信となった。

同イベントでのアルペジオの「イオナ」が同じくモデルを「伊401」としていることに合わせた実装タイミングなのは間違いないかと。

また、アルペジオの第一話エンドカードにて、イオナと共にこの娘もしばふ氏により描かれており、ビジュアルは大分前にお披露目されていた。

 

艦これでは、彼女いわく呼び名は「しおい」。お風呂にドボーンしたりとちょっと子供っぽい一面も。

ステータス面では、伊400型の史実に基づき、改造前から潜水母艦。耐久・装甲面が高く、消費が少し多いのが特徴。

他の潜水艦が改造前の燃費が2/4→改造後(イムヤ以外の潜母)2/5

なのに対して、

「伊401」は改造前4/3→改造後5/6 と多めである。

改造後には、こちらも史実に基づき、「試製晴嵐」を持ってくる。

 

 

史実での彼女は、帝国海軍における潜水艦建造の1つの完成形とも言って差し支えない艦だった。

自己紹介の通り、長大な航続力と爆撃機(晴嵐)を3機も飛ばすことができ、その特殊性から「海底空母」とも呼ばれた。

海底空母の名の通り、晴嵐の運用のため大きな体と排水量であったが、浮上や潜行の水中操作性も良好。

さらに兵装には25mm三連装機銃14cm単装砲電探も搭載されており対空能力も高い。魚雷に関しても通常伊号潜水艦の発射管が4~6門なのに対して8門と雷撃能力も高かった。

 

この性能を持ってして、パナマ運河を攻撃して、アメリカの軍事・経済上の大動脈を麻痺させることが目標であった。

しかし、進水したのが1944年、就役したときにはすでに1945年の1月と戦況はほぼ決してしまっていた。

それでも終戦直前の7月20日、アメリカ海軍機動部隊の泊地であるウルシー環礁を攻撃すべく舞鶴を出港、23日に大湊を出撃した。放置ボイスで彼女が「えーっとー、運河とか、ね、運河とか行ってみたいねー、ね?」と、運河に行きたがっているのはこのため。

攻撃開始の直前に終戦となり、降伏の命令を現地で受ける。艦内では自沈か攻撃かで激論となったが、結局は艦長の判断で帰還と決し、艦載機を機密保持のため海上にて処分し、帰還途上の8月29日米軍により海上で接収される。

その後米軍の手によって実験後、1946年に真珠湾で海没処分された。

 

史実では時間的にも物資的にも活躍する余裕はなく、戦果のないまま終戦を迎えてしまったので、ぜひ艦これでは活躍させてあげてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑