*

図鑑No.80 時雨

公開日: : 最終更新日:2014/01/05 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.80 時雨

「時雨」は白露型駆逐艦の2番艦。

この名を持つ艦船は神風型駆逐艦「時雨」につづいて2代目。

進水:1935年

全長:111m

全幅:9,9m

速力:34ノット

CV:谷邊由美

 

台詞等から見る史実

ストレートの黒髪を三つ編みにした、艦これでは数少ないボクっ娘。

アニメなどで言えば幸の薄そうな容姿なのだが、この時雨は超のつく幸運艦。

呉の雪風、佐世保の時雨」と並び称されたほどの武勲艦であり、幸運艦である

(雪風に関しては、雪風の図鑑をどうぞ。)

 

・味方は全滅してしまったが時雨は無傷だった。

・敵の爆撃に驚いて燃料を一気に投入してしまったら、煙突から出た炎を敵機が被弾による火災と勘違いして帰っていった。

・魚雷が命中したが不発だった。

・大量の魚雷を撃たれて避けきれないと思ったら、魚雷の深度設定が深すぎて艦の下を潜り抜けていって外れた。

など多くの強運エピソードを持つ幸運艦であり、敵旗艦の撃沈、歴戦の潜水艦グロウラー撃沈など武勲も多い。

 

ちなみに名前は、通り雨のことを意味する言葉。初冬の季語。

その名前のせいか雨が好きなようで、台詞の多くは雨に関すること。これには、スリガオ海峡からの脱出時に雨天に助けられたからという説もある。

 

 

だが、雪風と同様にそれだけ味方の沈むところ見てきたとも言える。

所属していた第27駆逐隊でも一人ぼっちになってしまったし、ベラ湾夜戦でも味方駆逐艦全滅・輸送隊壊滅した。

自己紹介にもあるスリガオ海峡海戦では、彼女以外全滅している。

このとき編入していたのが「西村艦隊」であり、時雨以外の艦は山城扶桑最上満潮・山雲・朝雲がいた。

彼女が駆逐艦娘にも関わらず、大人びているというか憂いを帯びたような佇まいなのはこのような経歴からきているのではないだろうか。雪風見てるとそうでもないか。

 

そんな彼女も終戦間際の1945年1月にマレー半島で船団護衛中に米潜水艦「ブラックフィン」(SS-322)の雷撃を受けて沈没してしまった。

 

 

艦これでは、その活躍から遂に改二が実装された。詳しくは時雨改二の図鑑で。

彼女のイラストに関してだが、背中の連装砲は絵師さん曰く、リュックサックのように背負ってるだけで、手持ち武器であるとのこと。砲撃時はこんな感じ

某モビルスーツは絵師さん直々に否定しているのであまり言わないように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑