*

図鑑No.86 大潮

公開日: : 最終更新日:2014/01/14 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.86 大潮

「大潮」は朝潮型駆逐艦の2番艦。

多くの艦はその名前が2,3代目であるのだが、大潮は初代。この当たりから初採用の名前が増える。

進水:1937年

全長:118m

全幅:10,386m

速力:35,98ノット

CV:宮川若菜

 

台詞等から見る史実

「小さな体に大きな魚雷!」

常にハイテンションな元気っ娘。煙突をイメージしたツバ付きの帽子が特徴。

竣工日は妹の満潮と同じ日であり、双子といえる。

 

開戦時には、同型艦の朝潮・満潮・荒潮第8駆逐隊を編成。

開戦から間もないバリ島沖海戦では、僚艦の朝潮と共に米蘭連合の軽巡洋艦2隻と駆逐艦3隻を追い回し駆逐艦1隻を撃沈。

さらに援軍の駆逐艦4隻軽巡1隻相手に奮戦し、敵艦隊を撤退させ、バリ島攻略作戦の成功を大きく導いた。

ちなみにこの時の艦長は吉川潔。後の夕立の艦長であり、その活躍はよく知られるところ。

詳しくは夕立の図鑑で。

 

その後、自己紹介でも言っている通り、ガダルカナル島撤退作戦に3回従事。支えてみせてくれた。

この撤退作戦後、ラバウルからの輸送船団の護衛任務中に、米潜水艦「アルバコア」(SS-218)の雷撃を受けて航行不能となる。またお前か・・・

翌日、朝潮に曳航されるもその途中で船体が破断し沈没した。

 

第8駆逐隊で最初の戦没艦となってしまったのだが、その僅か2週間後には朝潮と荒潮もビスマルク海海戦で戦没しており、妹の満潮だけが取り残された。

ビスマルク海海戦については朝潮の図鑑で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 71 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑