*

図鑑No.75 初春

公開日: : 最終更新日:2014/01/05 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.75 初春

「初春」は初春型駆逐艦の1番艦。

この名を持つ艦船としては神風型駆逐艦「初春」に続いて2代目。

進水:1933年

全長:109,5m

全幅:10,0m

速力:36,5ノット

CV:小林元子

 

台詞等から見る史実

ういは・・・初春は軍縮によって吹雪型の建造が打ち切られたため、制限内に収まるように1400トンの船体に武装を詰め込もうとして完成した駆逐艦である。

軍縮での制限等については電の図鑑を参照。

 

主砲を1門減らし、魚雷次発装填装置を設け(日本の駆逐艦としては初めて)、なんとか完成にこぎつけた。

そこまではよかったのだが、案の定トップヘビーとなってしまい、最初の航海でいきなり転覆しかけた。

浮いているだけでギリギリの状態に加えて、友鶴事件や第四艦隊事件が起こったため、本格的に見直され改装することに。

なんとか使えるレベルにはなったのだが、最終的な排水量が1700トンと特型よりも重くなってしまい、そのせいで速度も33ノットしか出ないという結果になってしまった。

ちなみにこの1700トン、制限越えてんじゃねーかと思うかもしれないが、実際規約違反。とりあえず黙ってたらしい。

こうして、後から作られたにも関わらず、魚雷次発装填装置を標準装備している点以外では、全ての性能で吹雪型に劣ってしまうという結果に。どうしてこうなった・・・

 

 

そんな初春だったが、子日若葉初霜とともに第21駆逐隊を編成し対潜哨戒や南方の攻略、北方哨戒などに引っ張りだこだった。

正直失敗作だったから逆に使いやすかったとかあったのかもしれない。(あんまり完成度高いと出し惜しみされるし・・・)

自己紹介での「暑いのが苦手」なのは、フィリピンのマニラ湾で沈んだため。

ただし、オルモックへの輸送作戦である多号作戦には成功しているのでこちらは苦手じゃなくてもよさそうだが。

反対に活躍したと言ってるキスカでは大破して航行不能になり、味方に曳航されて舞鶴に帰っている。

 

 

艦これでのイラストや口調は、和風の姫っぽいのだが、この由来は私なりに調べてはみたものの判んない。教えて、えろい人!

ちなみに「のじゃ」「なのじゃ」を語尾につけるロリっ娘ということで、このようなキャラを「のじゃロリ」というらしい。

某金髪のロリ奴隷さんもこのジャンルなのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 75 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑