*

図鑑No.74 電

公開日: : 最終更新日:2014/01/05 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.74 電

「電」は吹雪型(特型)駆逐艦の24番艦。

暁型(特Ⅲ型)駆逐艦では4番艦である。

進水:1932年

全長:118m

全幅:10,36m

速力:38ノット

CV:洲崎綾

 

台詞等から見る史実

吹雪型24姉妹の末っ子。ロンドン軍縮条約で駆逐艦は「1500トンを超える艦は、合計排水量の16%まで」という制限が設けられたため特型の増産が不可能となり、本艦をもって建造が打ち切られた。

 

竣工後(まだ戦前)に「深雪」と衝突事故を起こしており、深雪は沈没している。
「電の本気を見るのです!どーん」

 

・雷と共に第6駆逐隊を編成して太平洋戦争を迎えた。

戦歴ではスラバヤ沖海戦が有名で、撃沈した敵艦の乗員の救助に務めた。

自己紹介や「出来れば助けたい」といった台詞はこのことが元ネタ。

詳しくは雷の図鑑を参照のこと。

 

その後はキスカ方面の護衛任務、第三次ソロモン海戦、ニューギニア輸送作戦、アッツ島沖海戦などに参加している。

最後はマニラからの船団護衛任務中に、セレベス海で米潜水艦「ボーンフィッシュ」(SS-223)の雷撃を受けて沈没した。

 

 

最初の秘書艦選択時の紹介によると、「長身で素敵な女性を目指して、毎朝牛乳を飲んでいる。」らしい。今のままでも十分需要があると思うのだが。というか今のままのほうが・・・

2chなどでは「沈めた敵も、出来れば助けたいのです(助けるとは言ってない)」など腹黒な台詞を吐く電に似たプラズマちゃんと呼ばれる子を見かける。

が、電ちゃんでは決してない。と信じたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑