*

図鑑No.166 あきつ丸改

公開日: : 最終更新日:2014/03/07 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.166あきつ丸改

史実に関して詳しくは改造前のあきつ丸の図鑑参照。

 

改造前の図鑑での通り、ヘリ空母化した際のあきつ丸がモデル。着艦も行えるように、各種装置が設置された。

これを反映して、改造時の装備は「三式指揮連絡機(対潜)」「カ号観測機」。

さらに着艦可能になったからか、スロットが1つ増え、搭載数が24(各8)となった。

 

搭載可能機は改造当初から搭載している対潜哨戒機2機のほか、史実で陸軍の九七式戦闘機を運用しようとしていたからか、艦上戦闘機を積むことができる。なお、艦爆や艦攻といった他種の艦上機は搭載不可。

対潜哨戒機の搭載によって対潜攻撃が可能となった。当然だが対潜哨戒機を搭載しない場合は、対潜爆撃をしない。

航空艤装が強化された結果、彼女は特殊な航空攻撃を行う。味方艦隊に空母など開幕航空戦に参加可能な艦がいて、かつ本艦が艦戦を搭載していれば、開幕航空戦に参加する。そうでない場合は開幕航空戦に参加しない。

 

砲撃可能であり、15,5cm副砲なども積めるが、揚陸艦ということで火力は低く、水上戦は改造後も苦手なままである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 75 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑