*

図鑑No.116 三隈

公開日: : 最終更新日:2014/01/14 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.116 三隈

「三隈」は最上型重巡洋艦の2番艦。

名前の由来は大分県の日田を流れる三隈川。

進水:1934年

全長:200,6m

全幅:20,6m

速力:36,47ノット

CV:中島愛

 

台詞等から見る史実

くまりんこ!

お嬢様っぽい性格と言葉遣いの提督Love勢。2013年12月現在、建造不可・4-3か5-2のボスドロップのみという全艦の中でもトップクラスの入手難度の艦娘である。しかし、これでも羅針盤が鬼の4-3のみだった頃に比べれば多少マシになった方である。

改造時に持ってきてくれる20,3cm(3号)連装砲は(最近では衣笠改二もあるが)三隈の改造しか入手手段がなかったため、「三隈砲」と呼ばれる。

 

容姿は黒い前髪を七三分けにし、赤いリボンでツインテール。タレ目に姉の最上と同じ艤装と服装をしている。

名前が川の名前なのは元々が軽巡だったから。ちなみに書類上で言えば最後まで軽巡のままだった。

 

史実では、姉妹の3隻と共に第7戦隊を編成(旗艦は熊野)。バタビア沖海戦やミッドウェー海戦に参加した。

ミッドウェー海戦で空母4隻と共に沈んでしまった重巡であり、帝国海軍最初の戦没重巡になってしまった。

とはいえいきなり米航空機にやられたというわけではなく、作戦失敗で帰投する際の反転時に、自己紹介の通り最上と衝突した。その結果双方損傷。最上はなんとか逃げ切ったが彼女は米軍機の攻撃を受けて沈没というなんとも救われないものだった。

最上に文句の一つも言いたいところだが、本当の原因は旗艦「熊野」の指示ミスにより艦隊が混乱したせいである。

この混乱の影にいたのは米潜水艦「タンバー」。このタンバーの通報で米航空機は襲来し三隈は沈没している。

最上が航空巡洋艦に改装されるきっかけとなった損傷もこの時のもの。大体タンバーのせい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 69 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑