*

図鑑No.20 北上

公開日: : 最終更新日:2013/12/18 艦娘図鑑

艦これ 図鑑No.20 北上

球磨型軽巡洋艦の3番艦。

艦名の由来は川の名前。

進水:1920年

全長:162,15m

全幅:14,17m

速力:36,0ノット(回天搭載艦時23,0ノット)

CV:大坪由佳

 

台詞等から見る史実

ゲームでの運用は改造後が多いと思うのでそちらでちょこっと触れるとして、今回は史実について主に。

 

1921年に佐世保工廠にて竣工。日中戦争中は輸送の護衛などを行った。

その後「大井」と共に重雷装艦へと改装工事を受けた。(1941年)

14cm主砲や高角砲を下ろして、61cm魚雷発射管を詰め込み、左右それぞれ20門、合計40門というぶっ飛び仕様に。

大井と共に来たる艦隊決戦に備えて改造されたが、肝心のその決戦が来なかったため特に出番なしに終わる。

日本自らが真珠湾やマレー沖海戦で航空主兵の優位性を証明してしまい、戦争計画自体が航空戦へと移行したためである。

 

せっかく積み込んだ魚雷発射管だったが出番がないので、24門に減らし、高速輸送艦へと改装。

輸送任務に従事した。

 

大井はこの輸送艦となってからの任務中に敵潜水艦に撃沈されてしまったが、北上はその後も生き残っていたため、幸か不幸か戦争末期では回天搭載艦へと改装される。

回天は8基搭載可能で、水中投下のためのクレーンの設置などのため後部タービンを取り外したりしたため、速力は23ノットに低下。兵装は高角砲と機銃装備となった。

 

終戦まで生き延びた北上はその後は復員輸送支援の工作艦として約半年間従事。その後、長崎の造船所で解体された。

 

 

ゲームでの北上様についてちょこっと。

 

艦名は「きたみ」なのだが自己紹介は「きたみ」に聞こえる・・・。

多分こちらの耳が悪いだけだろう。耳掃除をすることをおすすめする。

 

 

阿武隈」と衝突事故を起こしたことがあるため、怖がられている。

阿武隈が北上に突っ込んだ事故だったのだが、船舶の衝突事故の場合は、進路に割り込んで突っ込まれたりする場合もあるので、一概にどちらが悪いとは言えない。

この事故に関しても、どちらの艦長も処分等の記録がないので不可抗力の事故だった模様。

 

 

改造後の北上が「あれは載せないでよね」という「あれ」は当然回天のこと。

 

 

また、改二になると持ってくる5連装酸素魚雷についてだが、北上は史実で装備していたものではない。5連装を搭載していた艦は島風のみである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑