*

4-3レベリング。対潜でサクサク。

公開日: : レベリング, 攻略情報

最近流行ってるらしい4-3レベリングを行ってみましたーヽ(゚∀゚)ノ

編成や装備等参考にどうぞー。

 

その他のマップについては、以前の記事参照です。

レベリング参考

 

4-3レベリング

ポイントは旗艦に潜水艦マスでMVPを取らせること

S勝利で1188、AorB勝利で990の経験値がもらえます。

 

ルートが少しややこしいのでちょっと解説。先に結論から述べておくと、

「駆逐1以下重巡1以下で水母と航巡を入れない。」編成になります。

4-3レベリング

潜水艦の出るマスはマルの付いたC,D,F。ここで2戦してから撤退。

「駆逐1以下」の理由は駆逐2隻以上で初手Aになるから。Aの場合は潜水艦と2戦出来ない場合がある。

→駆逐1で初手BorC(ランダム)

「水母・航巡を含まない」のは初手Bの場合、これらを含むとDへ行くため2戦できない。

→これらを含まない場合BからCへ。

最後に「重巡1隻以下」は、2隻以上でC→Eが確定してしまうため。

→反対に1隻以下ならば、CからDorFが確定であり、潜水艦と2戦可能。

 

これで潜水艦と2戦してから撤退します。

 

 

編成・装備例

上記の条件を満たしつつ、出来ればS勝利を取っていきたいので、対潜艦を3隻用意。(駆逐1以下で3隻なので駆逐1+軽巡2とか。

これに戦艦を入れることで攻撃を2巡にしてS勝利を取れるようにします。

編成例としてはこんな感じ。

4-3レベリング編成例

4-3レベリング編成例

 

正規空母を軽空母にして対潜の撃ち漏らしをなくすのもあり。個人的には初手Bのフラ戦やフラ重が怖いので、軽空母より打たれ強い正規空母にしてます。

他にも駆逐1以下さえ守れていればいいので、軽巡4+駆逐1+戦艦とかもあり。そこそこレベルが高ければフラ戦とかも避ける。疲労度を抜いている間のローテとかに。

とりあえず重2や航巡・水母じゃなければ対潜3(内育成1)+戦艦以外の残り2隻はなんでもおk。

 

また、戦艦を抜く編成もあるっぽい。昼2巡しないことでBマスでの被弾率を下げるため。

ただ、事故る時は大体フラタが出てくるときだから、戦艦抜いたところで2巡になるので、私は入れています。

 

 

装備は旗艦の育成艦にMVPを取らせるために若干の調整が必要。

旗艦は三式ガン積み。残りの2隻の対潜艦は九三式などで旗艦よりも対潜を下げる。

4-3レベリング旗艦装備例

旗艦装備例

 

4-3レベリング僚艦対潜装備例

僚艦対潜装備例

 

潜水艦はeliteまでしか出てこないので、S勝利が取れるようならMVP以外は対潜装備じゃなくてもおk。

 

三式セットがなくても九三式を旗艦(MVP)に、残り2隻を対潜以外の装備にすることで一応同じようにレベリングは可能。

ただし、その場合は当然ダメージが下がるので、S勝利を取れない可能性や空母等にMVPをさらわれる可能性は上がる。

レシピは安いので1個ずつはGetしてから挑みたいところ。

三式爆雷 10/30/10/10 (旗艦:駆逐or軽巡)

三式ソナー 10/10/10/20 (〃)

 

空母はBマスで軽空母が出てくるので、一応艦戦を載せていく。残りは艦攻

また、潜水艦マスでT字不利を引きたくないので彩雲は必要。

4-3レベリング空母装備例

空母装備例

 

まとめ

以上、4-3レベリングでした。

メリットとしてはレベリングが早いこと。

デメリットは資材がかかること。

時間効率では4-3、資材効率では3-2-1となると思います。

あとは4-3のほうが少し敷居が高いので、レベルが低い場合は3-2-1からですかね。

 

それではこの辺でー。4-3レベリングについてでした!

またねー(´∀`*)ノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑