*

レベリング参考

公開日: : 最終更新日:2013/12/17 レベリング, 攻略情報

艦これにおいて、レベリング(レベル上げ)は避けて通れない道!命中と回避が大きく変わります!

 

戦艦や空母、君たちはいいんだ。攻略に連れてく機会も多いしMVPもかっさらって行くんで意識せずとも上がる。

問題は駆逐・軽巡、重巡といった艦種。

この子たちはある程度意図的にレベリングを行わなければなかなかレベルが上がりません。

 

ということで、今回はレベリングの方法を3つほど紹介したいと思いますヽ(゚∀゚)ノ

※編成についてはその人の所持している艦娘のレベル状況や装備によって多少変わります。

(例:3-2-1で空母系のレベルが低い場合は、育成枠を1に減らして、空母系4、戦艦1にするなど)

 

 

3-2-1

基礎EXP320

(※駆逐以外が編成に含まれる場合、必ず1マス目は北へ行きます。そのマスを3-2-1と呼びます。1マス目だけを倒して撤退します。)

<編成例>

・育成枠2+空母系4

・育成枠2+空母系3+雷巡or潜水艦

・育成枠1+(ある程度育った)育成枠3+戦艦+潜水艦 など

3-2-1の編成例です

3-2-1編成例

 

レベリングの定番。敵に空母系が出てこないため、空母系の装備を艦攻ガン積みして開幕で大体の敵を倒すという方法。

 

<メリット>

被弾が少ない。特に潜水艦がある場合は、他は無傷でレベリングを続けられる。(雷撃戦にまでもつれ込まないようにはする必要あり)

潜水艦の修理時間とコストは非常に安いので、潜水艦を何隻か所持しているとより捗る。

また低レベルからでも始めやすく、殲滅役の空母系がLv20程度でも割と安定して狩ることができる。

 

<デメリット>

疲労がたまりやすい。疲労がたまると攻撃が外れやすくなるため、最後の雷撃戦までもつれることもしばしば。

この場合、潜水艦がいても他の艦娘がダメージを負うことになるので注意が必要。ローテーションを回せるだけの空母がいると解決できる。

 

 

 

4-1/4-2

基礎EXP310/320

<編成例>

・育成枠(対潜)+ある程度育った育成艦2(重巡など)+戦艦+空母2

・対潜2+重+戦艦+空母2 など

4-1・4-2の編成例です

4-1・4-2編成例

 

最近流行りのレベリングスポット。

駆逐や軽巡の改二が実装されたことで高レベルが要求されるようになったため、目的の駆逐や軽巡を重点的に上げる方法として人気が出てきた模様。基本的にはボスまで行きます。

 

<メリット>

潜水艦の出てくるMAPなので、駆逐や軽巡のレベルが上げやすい。対潜装備を持たせることで、駆逐や軽巡にMVPを取らせることが可能。

それ以外の随伴艦についても、ある程度育っていれば連れていけるため編隊の自由度が高い。

また、疲労がたまりにくい。

 

<デメリット>

ある程度のレベルは必要。

また、基本的には旗艦においた駆逐や軽巡のレベルを上げることに重点を置いているため、他の随伴艦はそこそこダメージをもらう。

 

 

 

5-2

基礎EXP380

<編成例>

・育成艦+戦艦2+正規空母2+軽空母

・戦艦+雷巡2+正規空母2+軽空母1のような普通の主力艦隊 など

5-2編成例の画像です

5-2編成例

 

レベルの低い育成艦を育てるというよりは、主力艦隊のレベルを底上げするための場所。敵が強いので資源やバケツに余裕がある場合にしよう。

 

<メリット>

他の場所に比べてEXPが多い。またボスでのドロップにレアなものが多い。

 

<デメリット>

敵が強い。主力艦隊で行っても、大破中破が出るのは当たり前。バケツや資源がマッハ。

敵の強さに加えて、ルート固定に正規空母2+軽空母が必要となってくるため編隊の自由度が低い。実質、育成艦を入れることができる余力は1枠くらい。

 

 

 

他にも、3-2まで進めていない場合は、2-4-1であったり、陸奥や舞風を狙いながら3-3-1でのレベリングなどもあります。

色々試してみて、自分にあったレベリングをぜひ見つけてください。

 

関連 → 最近流行りの4-3レベリング

 

では(´∀`*)ノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 49 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑