*

日経「アニメが成功すれば長期ヒット確実。第2の『ガルパン』となれるか2015年にかかっている」

公開日: : オススメ

今日からまた平常運転。年始は食べ過ぎて胃の調子が悪い・・・

年も明けていよいよ迫ってきたアニメ艦これ。

日経からも注目との記事。アニメがヒットすることで、第二の『ガルパン』として息の長いヒット作になれるかがかかっていると分析しています。

 

艦これアニメ 公式サイトオープン

【トピック2】
濃いミリタリー×ライトなキャラクター 『艦これ』『ガルパン』
アニメの定番・女子キャラクターものに新風ミリタリーとの組み合わせで一大ブームに

 

 ここ最近における、男性向けコンテンツの特徴的な動きといえば、ミリタリー(軍事)ジャンルの復権が印象に強い。

 復権の旗頭となったのは、2012年に放送が開始された戦車アニメ『ガールズ&パンツァー』(以下『ガルパン』)と、2015年1月よりアニメ版の放送が予定されているDMM.comのブラウザーゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』(以下『艦これ』)の2作品だ。

 両作が話題となって以降、全国の模型店でホコリをかぶっていたプラモデルが一斉に売れ始め、関連専門誌が書店から消えるという、以前から考えれば異常ともいえる影響が、関連業界全体にもたらされている。

 

 このヒットを生んだ要因は、濃いミリタリーの世界と、ライトなキャラクターコンテンツとの融合にある。ミリタリーというジャンルは、前提として必要な知識があまりに多く、一般的なジャンルと比較して、あまりに門戸が狭い。しかし、先に挙げた『ガルパン』と『艦これ』は、魅力的なキャラクターを前面に押し出すことで、狭い門戸を押し広げたのだ。

 ライトな作品のファンは若年層が中心となるため、いちユーザーが持つ財布の中身には限界がある。やはり、長期的なヒットを望むためには、ファン層を拡大する要素を組み込まねばならない。その要素として用意されたのが、ミリタリーだったというわけだ。

 『艦これ』は、2015年1月に初の映像化を果たす。ここでアニメファンの支持を得られれば、長期ヒットへの道筋が確実な物となるだろう。第2の『ガルパン』となれるか否かは、2015年にかかっている

全文を読む
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80487260U4A201C1000000/

 

確かにアニメ化が成功するかは重要でしょうね。

今後も楽しくゲーム続けたいので、ぜひ成功してほしいところ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメント一覧

  1.   より:

    せやな

コメントする

PAGE TOP ↑