*

図鑑No.107 艦隊司令部施設

公開日: : 装備図鑑

図鑑No.107 艦隊司令部施設

2014年8月8日開始の夏イベントにて実装された「大淀」を改造することで入手が可能。

夏イベントでの『連合艦隊』システムで有効な装備。

第1艦隊旗艦にこれを装備した連合艦隊において、道中で僚艦に大破が発生した際、随伴護衛艦隊に編成されている駆逐艦1隻を護衛につけて、計2隻を戦場から退避させる【護衛退避】が使用できる。

 

条件や注意点は以下。

・小破未満の駆逐艦が第二艦隊にいること。それ以上の損傷では使用できない。

・随伴可能な小破未満の駆逐艦が2隻以上いる場合は上から自動で選ばれる。ただし、旗艦は退避不可なので飛ばされる。(第二艦隊旗艦は大破でも進軍可能で轟沈もするので注意)

・退避した2隻(大破した艦と随伴艦)は燃料が0となり赤疲労になる。

・扱いとしては「轟沈」した場合と同様の処理がされるようで、勝利判定が不利になりS勝利は取れない。また、その後の進軍で索敵値などの加算がされない。

・意見具申の画面やその後の戦闘でのグレーアウト「退避」はこのような感じ。

護衛退避

護衛退避2

 

また、退避することで輪形陣が選択不可となる模様。

ちなみに連合艦隊を使わない通常海域、イベント海域では護衛撤退は残念ながら不可。この装備の実装で、今後も「連合艦隊」のシステムはイベントなどで使われるのではないかと予想される。

4つ目の☆5装備。他には震電改、天山一二型(友永隊)、彗星(江草隊)の3つがある。

 

 

処々諸々の事情から大淀に連合艦隊旗艦を移す事になったのが元ネタ。駐機スペースと通信能力を司令部の能力に有効活用できた。

大淀はこの状態で、豊田副武連合艦隊司令長官を乗せて「あ号作戦」(マリアナ沖海戦)を指揮。

その後、旗艦業務は慶應義塾大学日吉キャンパスに移された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑