*

航空戦艦の時代か?!「カ号観測機」「試製晴嵐」で強くなった!!…少し。

12/25のアップデート(オンメンテ)で味方の対潜航空兵力が強化されたので、遂に航空戦艦の時代キタ――(゚∀゚)――!??

該当アプデはこれ。

昨日のアップデートにおいて、すみません、ご報告漏れがありました。 新装備【オートジャイロ】の導入に伴い、味方の【洋上対潜航空兵力】運用仕様が更新されています。以下詳細です。 ●味方航空機の対潜値上方修正 ●航空戦艦・航空巡洋艦搭載の対潜攻撃可能機による対潜攻撃 (続く)

また、新装備【オートジャイロ】「カ号観測機」は、「あきつ丸」だけでなく、航空甲板を持つ航空戦艦及び航空巡洋艦、そして軽空母で搭載及び運用可能です。

 

先制爆撃と対潜・砲撃戦もこなせる時代に!

対潜の上昇に加えて、試製晴嵐は爆装も+11となかなかの高ステータス。

試製晴嵐の画像です

対潜+6/爆装+11/命中+1/索敵+6

 

カ号観測機は、対潜+9と晴嵐とは違い、対潜特化として差別化できているので、こちらはこちらで使いやすそう。

カ号観測機

対潜+9/命中+1

 

ということで、航空戦艦の時代か?!早速どんなものか試して見ることに。

まずは装備。んんwww晴嵐ガン積み以外(ry

試製晴嵐ガン積み

ちがうか。違いますね。

 

こんな感じだろうか。46cmを2つのがいいかも。レベル低いので当たらないと困るのでとりあえず副砲で。

航空戦艦 装備

 

 

潜水艦の撃破任務を受けていざ4-3へ。艦載機が他にいるとどんなものかわかりにくいので、今回は空母なしで。

開幕爆撃。ダメージが撮れてないが54で無事開幕で軽巡を1隻撃沈。

航空戦艦 開幕爆撃

 

 

対潜。1撃で落とすほどではないが、eliteに対して17となかなか悪くないダメージ。(こちらも1戦目の対潜攻撃を撮りそびれたので2戦目)

航空戦艦 対潜

 

 

ついでに砲撃戦。軽巡ワンパン。
航空戦艦 砲撃戦

 

このマルチっぷり!潜水艦以外の混じった1戦目は無事MVPでした。

これはかなり使い勝手がよくなったのではないでしょうか。レベリングやクエスト消化では大和型とかみたいな過剰火力は要りませんし、手数の多い航空戦艦は使いやすいかも。

4-3レベリングや潜水艦狩りデイリーなどで使っていこうかなと思います。

 

難点は試製晴嵐とカ号観測機の手に入れにくさですね。

晴嵐は現在開催中のアルペジオイベントE-1のクリア報酬と、E-3までクリア後の報酬「伊401」の改造の2つのみ。

カ号も大型建造で「あきつ丸」を出した上で改造が必要。

入手は難しいですが、晴嵐もこれだけ配っているということはそろそろ開発落ちしそうですし、運用しやすくなる日も近いのではないでしょうかヽ(゚∀゚)ノ

 

というか、以前の報酬の常連だった”晴嵐”が改造時やE-1クリア報酬になり、大鳳の初期装備にも”零式62型”。新装備も今回の12/24アプデで結構増えましたし、次のランキング報酬は入れ替わるんじゃないですかね。

それこそ「カ号観測機」や「大発」辺りがランキング報酬に入って、晴嵐などは開発に落ちるのではないでしょうか。わかんないけどw

 

余談が長くなってしまいましたが、とりあえず今回はこんなところで!使いやすくなった航空戦艦の情報でしたー。

それではまたねー(´∀`*)ノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑