*

演習について

公開日: : 最終更新日:2013/11/09 ゲームの基本

艦これの演習について解説します。

演習は他プレイヤーと対戦が出来るシステムです。

大きな特徴としては、

・損傷しないこと

・基本的にはマップよりも経験値が多いこと

・疲労がたまらないこと(夜戦を除く)

などがあります。是非有効に活用してレベリングに役立てましょう。

演習画像です

演習

 

 

<演習の仕様>

・演習の更新は午前3時と午後15時の2回

・相手編成の更新はリアルタイム

・演習相手は基本的には司令部レベルが近い人が選ばれる。

・演習相手と戦えるのは1度。そのためその日に10回まで可能。

・損傷しない。演習で受けたダメージは母港に戻れば元の体力に戻っています。

同様に轟沈の心配もありません。轟沈判定の場合もHP1でとどまります。

※ただし轟沈判定を受けた艦は経験値をもらうことはできません。

また、相手艦についても同様。撃沈判定はHP1で表示される。

そのため単純にHP1が残っている場合撃沈してのHP1とが存在する。HP1の相手を攻撃している場合は前者のHP1が残っており、撃沈していない場合ということになります。

・基本的には疲労度が発生しない。(夜戦とB判定以下の場合のみ発生)

そのため昼戦のみS勝利ならば疲労度なしの状態で挑んでいた場合全員がキラキラ状態となる。

疲労度について詳しく → 疲労度詳細

 

・勝利判定は通常戦闘と同じ。4隻落とすか旗艦を落とすかで勝ち確。

勝利条件について詳しく → 勝利条件と勝利判定

 

・相手艦の近代化改修による☆が4つまでしか表示されないが、改修が上限まで終わっている場合はステータスはその数値なので☆5相当の場合もある。特に弱くなっていたりということはないです。

・消費燃料と弾薬は2目盛り。夜戦に入った場合は弾薬を追加で1目盛り。

・もらえる経験値の計算は敵旗艦と2隻目のレベルに依存。それ以外は何も関係しない模様。

・挑まれた演習に関しては勝率などその他一切関係しません。一応、母港真ん中下の「表示」アイコンで勝敗を見ることは出来ます。

 

<演習で注意したいこと>

演習相手の対空値はマップでの通常の敵と比べて非常に高いです。

空母の艦戦だけでなく、戦艦や重巡などの対空装備など艦隊全体の対空が高い。

そのため演習に空母を連れて行くと艦載機を多数撃墜されるためボーキの消費が非常に多くなります。

ボーキが心配な場合は演習には空母を連れて行かないことをオススメします。

 

 

以上、演習についてでした。

基本的な利用方法としてはダメージを受けずに済むので修理費の高い戦艦などのレベル上げに利用するのがいいと思います。

上手に活用してキラキラやレベリングに生かしましょう。

 

それでは!(´∀`*)ノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑