*

装備⑦ 烈風と紫電改二の差はそんなにある? [艦戦]

公開日: : 最終更新日:2014/02/09 攻略情報, 装備

艦戦と言えば、誰もが「烈風、烈風」と言い、航空戦等の基準も基本的にはこちらで考えられることが多い。

紫電改二と1しか数字が変わらないのに、そんなに差があるのか?

今回はそんな内容になりますヽ(゚∀゚)ノ

航空戦について詳しくは以前の記事→航空戦についてを参照。

烈風&紫電改二

 

烈風と紫電改二の差

装備の対空値だけ比べると1しか変わらない両者だが、実際に航空戦に作用する際にはそれ以上の差となる。

制空権争いに寄与する艦戦の数値の計算式は、各スロットごとに

[ 艦戦の対空値×√搭載数 ]の小数切り捨て。

 

今回も嫁さんに登場してもらって・・・。

例えばこのような艦載機の載せ方をしている場合、

艦戦装備例

1スロ目→10×√20(≒4,47・・・)=44(小数切捨て)

3スロ目→10×√46(≒6,78・・・)=67(〃)

∴44+67=111

制空権を争う際の加賀さんの数値は111ということになる。

 

これが紫電改二だった場合は、

1スロ目→9×√20=40

3スロ目→9×√46=61

∴40+61=101

このようになって、その差は10にもなる。搭載数46のスロットの部分だけ見ても6の差がある。

 

制空状態

3倍以上→制空権確保

1.5倍以上→航空優勢

2/3以下→航空劣勢(表示なし)

1/3以下→制空権喪失

 

制空権優勢以上を得ようとすると敵の1,5倍以上が必要となり、特に確保については3倍も必要となる。

例えば、私の場合4-2の周回をしていることが多いのだが、4-2はボスでの敵空母が1体出てくる。

この際に烈風であれば1スロット搭載していれば確保が取れるところを、紫電改二であれば余分にもう1スロット必要となったりする

 

このように、烈風であれば~といった場面が少なからずあるため、紫電改二よりも優先されることが多いのだーヽ(゚∀゚)ノ

 

艦戦まとめ

現在ではまだ敵艦隊の制空値の明確な数字は分からないが、いずれ明確に数字が分かった場合はその1の差が制空権を分ける重要な1になることが判明するかも?

艦これの分析・検証班の仕事は半端ないし・・・

ということで出来ればたった1の差でも烈風のがいい場合が結構あるということで、今回はこんなところで!

 

それにしても震電の実装はまだでしょうか・・・?w

 

それではまた(´∀`*)ノシ

 

関連 
→ 装備⑥ 艦攻と艦爆どちらを載せる?

→ 対空砲火・艦隊防空について詳しく。撃墜計算方法、オススメ対空装備など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 75 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントする

PAGE TOP ↑